Fine + Fine +

楽しみながら健やかに、毎日をもっと軽やかに。
あなたの生活を豊かにする情報をお届け

ダイエット
2019.10.28

柔らかく弾力のあるお尻を作るダイエット

なかなか理想の形にならないお尻。たれてしまったり、脂肪がなさすぎたりで、形が崩れてしまったりしていませんか。パンツやジーンズを格好良く履きこなせるお尻を手に入れるには、今回レクチャーするエクササイズでのダイエットがおすすめです!

日本人が目指すべきお尻とは?

欧米人と日本人は骨格が違うため、目指す理想のお尻も違います。

欧米人は骨盤が前に傾いていますが、反対に日本人は後ろに傾いています[1]。前者は筋肉が発達しやすく垂れにくい、後者は腰からお尻に脂肪がつきやすいという特徴があります。西洋人とまったく同じお尻になりたい!というのはそもそも難しい話だといえます。日本人の体にあった次のようなお尻を目標にしましょう。

柔らかな丸みを帯びたお尻

日本人の骨盤にあっているのは柔らかな丸みを帯びたお尻。適度に脂肪をつけて丸みをもたせれば、女性らしいスタイルになれます。

程よいハリと表面の柔らかさを兼ね備えたお尻

ハリと柔らかさを両立させるお尻は、トレーニングで実現可能。触ると柔らかさを感じますが、鍛えられた筋肉で弾力も感じられます。

ゆがみの骨盤に備わるお尻

骨盤の位置が前後左右のズレがなく正しい位置にあると、左右のバランスのとれたラインのきれいなお尻に。

理想のお尻を作るダイエット方法

日本人の理想のお尻に近づくには、次の3つのエクササイズを試してみましょう。立体感がない、お尻が垂れている、四角いなど…ヒップラインに自信がない方は、ぜひ今日から試してみてください。ヒップラインが少しずつ変わってくるはずです!

叩いてリンパの流れを改善するだけ!お尻マッサージ

お尻を叩いてマッサージすると、筋肉がほぐれてやわらかな丸みのあるお尻に近づけます。また、血行が良くなると脂肪が消費されやすくなるので、ヒップのサイズダウンにもおすすめです。

  1. 左右どちらかの骨盤の前後から挟み込むように拳を当てる
  2. 拳で体を押しながら肋骨まであげる
  3. 肋骨横から骨盤の前方まで両手の指でリンパを流すイメージでさする
  4. 両手の拳でお尻上部の骨を叩く
  5. 骨盤の後方中心から外側に向けてリンパを流すイメージでさする
  6. お尻と太ももの境目から前方に向けてリンパを流すイメージでさする

目安の回数:1セット1回 × 2~3セット

座ったままお尻を伸ばすストレッチ

お尻にある「大臀筋」という筋肉を鍛えるエクササイズ。たるんだお尻をキュッと引き上げたいときにおすすめです。イスに座ったまま行えるので、自宅はもちろん仕事中の気分転換にも。

  1. イスに深めに座る
  2. 右足首を左膝に乗せる
  3. 背筋を伸ばして上半身をまっすぐにする
  4. 右足に胸をくっつけるように上半身を倒す
  5. 20秒間キープ

目安の回数:1セット左右3~5回ずつ × 3セット

寝転がりながらヒップアップエクササイズ

床に寝転がりながら行えるお手軽エクササイズ。お尻の筋肉を鍛えるので、ヒップアップに効果的です。

  1. うつ伏せになり両手を重ねて顎の下に置く
  2. 足は両つま先だけを床につける
  3. 右膝を90°曲げたまま脚全体をあげる
  4. 15秒間キープ
  5. 右足をおろして左足も同様にする

目安の回数:1セット左右3~5回ずつ × 3セット

ダイエットで理想のお尻を手に入れて

日本人の理想は丸く、柔らかく、ハリと弾力のある上品なお尻。手に入れるためには、毎日のマッサージやエクササイズが欠かせません。お尻の位置が上がるとそれだけでスタイルがよく見えたり、姿勢に気をつけることにもつながります。

レクチャーした3種類のエクササイズは、お尻だけを集中的に鍛えてくれるので、効率的なダイエットができます。スキマ時間に行えるものばかりなので、毎日続けて丸くきれいな理想のお尻を手に入れてくださいね!

参考文献

[1]リー トンプソン. “日本のスポーツメディアに見られる人種言説、スポーツ社会学研究 2008; 16: 21-36

Keywords/関連キーワード